1. HOME
  2. 信州ポークとは
  3. 信州ポークの飼料

信州ポークの飼料

おいしさの証、「信州ポーク」

信州ポークとは、長野県内にある農場で農家の人が世話をして、JAグループに出荷販売された豚の総称です。
豚というのは、本当は雑食で、草でも魚でもなんでも食べます。
でも、農場で飼育されている豚は、なんでも好き勝手に食べているわけではありません。
成長に合わせて、栄養バランスのとれた「飼料」を食べているのです。

成長過程による豚の飼料

生後のおよその日齢 およその体重 豚の食べ物(飼料) 飼料の主な材料
誕生(0日) 1.4kg お母さんのおっぱいを飲んでいます。 母乳
23日 6kg このころから粉の飼料を食べるようになります。子豚は甘いにおいが大好きですから、この飼料もとても甘いにおいがします。 脱脂粉乳、小麦粉、パン粉、ブドウ糖
30日 8kg 脱脂粉乳主体から、段々と、とうもろこしなどの穀物主体に変わっていきます。 脱脂粉乳、ホエー(乳清)、とうもろこし、小麦粉、大豆油粕
40日 12kg 成長しながら、飼料を切り替えていきます。子豚が順調に大きくなれるようにとても気を使う時期です。 とうもろこし、大豆油粕、采種油粕、乾燥ホエー(乳清)
70日 30kg 穀物が主体になっています。材料は小さく砕いて混ぜて与えます。 とうもろこし、大麦、マイロ(こうりゃん)、大豆油粕、菜種油粕
120日 70kg 穀物の比率がさらに上がります。お肉の脂肪の質を良くします。 とうもろこし、大麦、マイロ(こうりゃん)、キャッサバ(タロイモ)、大豆油粕菜種油粕
180日 115kg 出荷になります。

主な飼料原料



ここにご紹介した食べ物(飼料)は、大きな工場で作られて各農場に配送される「配合飼料」を与える場合を想定しています。ほとんどの農場では、こういった「配合飼料」を食べさせています。
「配合飼料」の工場は、飼料安全法という法律のもとに、製造、流通、保管等、あらゆる場合において、他の原料や認可されていない原料が混入しないように管理されています。
また、あらゆる病気が工場内に侵入しないように、衛生管理体制にも気を配っています。

このページの先頭へ戻る

おいしさの証、信州の気候・風土に育まれた「信州ポーク」|JA全農長野 JA長野県・信州ポーク生産販売協議会〒380-8614 長野県長野市大字南長野北石堂町1177-3
TEL. 026-236-2217 FAX. 026-236-2387