昼夜の寒暖差、清らかな水と豊かな土壌、標高の高さと標高差がポイントです。

恵まれた自然環境を生かして生産しています。 ①昼夜の寒暖差が大きく、旨み・甘みを蓄えやすい気候 ②清らかな水、豊かな土壌で生産 ③標高300m~1,100mの標高差からなる品目バリエーション ④標高の高さを生かし、高原野菜の代表であるレタス類・白菜・セルリー・ズッキーニなど夏野菜のシェアは日本一です。