「もどり」と言われる現象です。

産地では「もどり」と言われる現象です。
干し柿内部の水分が多めだった場合や温度の高い場所に保存されていた場合には、干し柿の表面の白い粉(ブドウ糖)が溶けてベタベタになります。そのままお召し上がりいただいて問題ありませんが、干し柿の表面の水分によりカビが発生することがありますので、お早めにお召し上がり下さい。「もどり」を防ぐためにも、ラップ等で包んで冷蔵庫や冷凍庫など涼しい場所に保存してください。