品種の資質により、熟すにしたがって表皮のロウ物質が溶けて起こる現象です。

りんごは完熟すると、品種によっては皮がベタベタするものがあります。これはその品種の資質で、熟すにしたがってリノール酸やオレイン酸が分泌され、表皮のロウ物質を溶かして起こる現象です。ワックスと勘違いする人もいますが、日本ではワックス処理をしていませんので、安心してお召し上がり下さい。