収穫まで葉を残して育てたりんごです。

無袋栽培の場合、果実全体に日光が当たるように、りんごに影をつくる葉を摘み取るのが一般的ですが、「葉とらずりんご」は収穫まで葉を残して育てています。葉を残すことにより、葉で生成され最終的には糖に変わるでんぷんをたぷりと蓄えておくことができるので、その分甘いりんごになりやすいのです。