日本スモモがアメリカで品種改良され、プラムという英語の呼び方で日本に戻ってきました。

スモモの仲間は中国が原産地で、「日本スモモ」と「ヨーロッパスモモ」に分けられますが、一般に出回っているのが日本スモモとその雑種です。
明治時代、日本スモモの優良品種が海を越えてアメリカに渡っていきました。そして、アメリカで品種改良された後、今度は「プラム」という英語の呼び方で日本に戻ってきたのです。以降、プラムという呼び方が定着しました。