種があるものとないものがあります。

種があるものもあり、ないものもあります。柿というくだものはもともと単為結実性(受粉しなくても実ができる性質)を持っているので、市田柿でも、果実の中に種がある場合もあり、全くない場合もあります。その年の天候や畑の状況によって種の入り方は異なるため、干し柿によっては5つ~6つの種が入っているものがあります。召し上がる際は、中の種を噛んでしまわないようお気をつけください。