皮と果肉が分かれずらいので、口の中に皮が残りません。

ナガノパープルのように皮が薄いぶどうは、皮と果肉の間の乳白層と呼ばれる部分としっかりくっついているため、皮と果肉が分かれずらい特徴があります。このため、皮がぱりっと割れて口の中にも残らないので、皮を気にせず皮ごと食べることができます。