葬儀の知識

あいさつ文例集

臨終の連絡

『○○ですが、夜分遅く申し訳ありません。○○が○時○分に亡くなりました。
通夜と葬儀の日時は、決まり次第、連絡させていただきます。』

医師から臨終を宣告されたら、家族・親類や、特に親しい方々に、一報をいれます。
知らせると大きな負担をかけるおそれのある方(病気や産前・産後)には控えます。

寺院への連絡

『お世話になっております。○○町の○○と申します。実は、父の○○が先ほど息をひきとりましたので、お勤めをお願いしたいと思います。』

正式な依頼は、あらためて訪問し、お願いします。このとき代理(近所の人など)をたてることが多いようです。僧侶の都合を聞いて、読経をどこまで含むか(枕経、通夜、葬儀・告別式、火葬場)、僧侶の人数、葬儀後の会食に出席するかどうかなど、打合せをします。また、お布施の額がわからない場合は、寺院にお尋ねします。

『お布施を用意させていただきたいのですが、私どもにはわかりませんので、いかほど用意させていただけばよろしいか、お教えいただけますでしょうか』

通夜・葬儀日時の連絡

『お世話になっております、○○の長男です。
○○が本日○時○分に病院で息をひきとりました。つきましては、通夜を本日午後○時から、告別式を明日午前○時から、○○○○(場所)で執り行うことになりましたので、よろしくお願いいたします。』

あいさつは省略して、手短に伝えます。近所へは、町内会への役員や世話役の方に、連絡をしてもらうようにお願いしましょう。

通夜のあいさつ

『本日は皆様、ご多用のところ、早速のご弔問ありがとうございます。
(簡単な経過)
故人が入院して○ヶ月、その間皆様のお見舞いや励ましのお言葉をいただき、ありがとうございました。残念ながらその甲斐もなく今日に至りました。
この様に故人をお偲びいただき、故人も喜んでいると思います。本日はありがとうございました。』

葬儀・告別式(または出棺)のあいさつ

『本日はご多用のところ、ご会葬いただきありがとうございました。生前からご親交いただきました方々にお見送りをいただき、故人も喜んでいることと存じます。
(簡単な経過)
故人は去る○月に入院し、皆様の励ましや、医療関係の方々の手厚い看護をいただきました。また家族一同、精一杯の看病をいたしましたが、その甲斐もなくこの様になりました。
ただ本人にとっては有意義な一生だったと思っております。生前のご厚誼にたいしまして厚く御礼申しあげます。』

会食のあいさつ

『このたびはご多用のところ、〈父・母〉○○のためにご参列いただきありがとうございました。
この様にとどこおりなく執り行うことができましたのも、ご住職様のお導きと、皆様方のお力添えの賜と存じます。あらためて御礼申しあげます。
まことにささやかではございますが、この様な席をご用意させていただきました。
どうぞ心おきなくお召し上がりくださいませ。本日は誠にありがとうございました。』