葬儀の知識

長野県内葬儀習慣

冠婚葬祭は地域、習慣、宗教、宗派などによってさまざまな違いがあります。
このコーナーでは葬儀の特徴を、南北に長い長野県の代表的な地区に分け、代表的・一般的なものを簡単にご紹介します。地域のしきたり等の参考にしていただければ幸いです。

通夜/通夜ぶるまい

長野県北部 納棺に先立って通夜が行われます。
弔問客に酒食をふるまいます。
長野地区 「枕飾り」だけで「通夜祭壇」は飾りません。「後飾り祭壇」は出棺後に飾ることが多いようです。
お通夜での料理は「オードブル」「寿司」などが最近では主流となっています。
上田・小県地区 納棺に先立って通夜が行われます。
弔問客に酒食をふるまいます。
小諸・佐久地区 納棺の後に通夜が行われます。
弔問客に酒食をふるまいます。
南佐久地区 納棺に先立って通夜が行われます。
弔問客に酒食をふるまいます。
中信地区 通夜経は納棺後に行われることが多いようです。
「後飾り祭壇」は出棺後に飾ることが多いようです。
お通夜での料理は「オードブル」「寿司」などが最近では主流となっています。
諏訪地区 通夜経の後に納棺が行われることが多いようです。
「後飾り祭壇」を飾ってからお通夜を行ないます。
お通夜での料理は「オードブル」「寿司」などが最近では主流となっています。
伊那・飯田地区 納棺の後に通夜が行われることが多いようです。
通夜では宗教者による儀式の後、通夜ぶるまいと呼ばれる食事の席が用意されるのが一般的です。

納棺/出棺

長野県北部 納棺は出棺当日に行います。ほとんどが納棺・出棺と続いて行われます。
長野地区 納棺は出棺当日に行います。ほとんどが納棺・出棺と続いて行われます。
「釘打ち」はほとんど行われていません。
上田・小県地区 納棺は出棺当日に行います。ほとんどが納棺・出棺と続いて行われます。
小諸・佐久地区 納棺は通夜の前に行われることが多いようです。(納棺-通夜-出棺の順)
南佐久地区 納棺は出棺当日に行います。ほとんどが納棺・出棺と続いて行われます。
中信地区 納棺は基本的に出棺前夜に行います。
「釘打ち」を行うことが多いようです。
諏訪地区 納棺は基本的に出棺前夜に行います。
「釘打ち」は出棺前に行います。
伊那・飯田地区 納棺は通夜の前に行われることが多いようです。(納棺-通夜-出棺の順)

葬儀/告別式

長野県北部 葬儀、告別式を一連の儀式として執り行うのが一般的です。
長野地区 葬儀と告別式は同時進行で行なわれています。
一般会葬者は葬儀開始後、焼香だけ行ない「お斎」への参列者以外の方は退席致します。
上田・小県地区 葬儀式と告別式はそれぞれ別のものですが、告別式の途中より葬儀式が開始されるようになっており「葬儀・告別式」としてを一緒に行われることが多くなりました。
告別式は予め開始予定時刻を決めますが、この地域では10分前くらいに会葬が始まるのが通例です。
小諸・佐久地区 最近では葬儀・告別式を一連の流れで行います。
当地域では、葬儀式の概ね30分前より告別式を行います。通知の時間(新聞のお悔やみ欄など)は、葬儀式の開始時間ですので、一般会葬はそれより早めに始まります。
南佐久地区 本来、葬儀式とは"葬送儀礼"と言い、一般的に遺族や近親者などが中心となって採り行われます。一方告別式は、友人や知人、関係者が故人とお別れをする場です。このように葬儀式と告別式は別々のものであり、この地域でも別々に執り行われる事が一般的です。
中信地区 葬儀と告別式は同時進行で行なわれています。
一般会葬者を含め、会葬者全員が葬儀に参列します。参列しない会葬者用には外焼香台が設けられています。
諏訪地区 【上諏訪地区の一部】
棺前式(葬儀)と告別式を分けており、棺前式には親族、友人、会社関係、隣組などお願いして出席して頂きます。
一般会葬者は棺前式後、受付をし、外焼香台で焼香をして帰ります。
【茅野・諏訪・富士見地区】
葬儀・告別式の同時進行で行なわれます。
一般会葬者を含め、会葬者全員が葬儀に参列します。参列しない会葬者には外焼香台が設けられています。
伊那地区 葬儀は遺族が故人の成仏をお祈りする儀式。告別式は遺族や故人と親しかった方が、故人に最後のお別れを告げる儀式です。
最近では葬儀と告別式を明確に区別せず、一つの流れの中で行うことが多いようです。
飯田地区 告別式と葬儀が別々に執り行われることが一般的です。
告別式は遺族や故人と親しかった方が故人とお別れをする儀式で、その後遺族や近親者によって故人を弔う葬儀が執り行われます。

法要会食

長野県北部 葬儀終了後、会食の場を設けるのが一般的で、「お斎」と呼ばれます。
出席いただく方には予め依頼をしておきます。
長野地区 「お斎(とき)」と呼ばれ、親戚、隣組、会社関係、友人などにお願いして出席して頂きます。
料理は「会席膳」が主流です。また、食事の最後に「そば」が出されることが多いです。
菩提寺などの僧侶が必ず同席され、法話や献杯を行ないます。
「北信流」と呼ばれる儀式を行なう地区が多くあります。
上田・小県地区 予め連絡をした方々にご列席いただき、故人を偲び酒食を差し上げます。主に「お斎」と呼ばれます。
小諸・佐久地区 葬儀の後に行う忌中の会席(お斎)を佐久地方では「灰寄せ」と呼びます。会席にお付きいただきたい方には事前に通知をし、席順も決めます。
南佐久地区 葬儀告別式終了後、会食の場を設けるのが一般的で、「灰寄せ」と呼ばれます。
出席いただく方には事前に連絡があるようです。
中信地区 会葬者全員が「会食」の席に呼ばれます。「忌中払い」「棚あげ」とも呼ばれます。
お料理は「盛り込み」になることが多く、油揚げ・こんにゃく・ひじきの煮しめ、のりまん等、地域独特の料理が出され、最後に「うどん」が出されてます。
諏訪地区 富士見町・原村・茅野市・諏訪市は中信地区に準じます。ただし、岡谷市下諏訪町については、下記のような習慣もあります。
親戚、隣組、会社関係、友人などにお願いして出席して頂きます。(初七日の席)
料理は「会席膳」が一般的ですが、「盛り込み料理」もよく使われます。
伊那・飯田地区 予め連絡をした方々にご列席いただき、故人を偲び酒食を差し上げます。「精進落とし」と呼ばれます。