ボタン科の多年草で、昔は一重咲きが主でしたが、海外、日本で品種改良が進み、近年の主流は八重咲きになっています。初夏に紅・白色・ピンクなどのボタンに似た花を咲かせます。美しい女性をたとえて、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言われているとおり、花が大きくてゴージャス感もあり、女性に人気があります。ボタンが樹木に分類されているのに対して、シャクヤクは草に分類されています。中国の原産で現在は品種も多く、民家の庭先で観賞用として栽培されていることもあります。
シャクヤクの根は、消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれん作用がある生薬であり、特に薬用としての栽培もあります。

長野のシャクヤク 基本情報

出荷時期
4月~6月
出荷量
約350万本
出荷産地
上田・長野

シャクヤクの豆知識

花言葉

「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」

花一覧へ戻る

三ツ山マーク ながののゲンキ みらいのミカタ