延命長寿の霊草として古来から中国や日本で愛され続け、さまざまな品種が生まれたキク。 長野県は古くからの輪ギク産地で露地、施設の両方で長期間栽培されています。
出荷の最盛期の7月~9月は、全国でも高いシェアとなっています。高冷地で栽培されているため、長野県産は色鮮やかで、日持ちが良いと評判です。 また、重陽の節句(9月9日)には、菊の花をめで、菊酒を飲み、邪気を払ってきた歴史があります。

長野の輪ギク 基本情報

出荷時期
6月~10月
出荷量
約1,200万本
出荷産地
佐久・諏訪

輪ギクの豆知識

花言葉

「高貴」「高潔」

花一覧へ戻る

三ツ山マーク ながののゲンキ みらいのミカタ