江戸時代に伝わり、和名はオランダ石竹、大正時代までは石竹と呼ばれていました。
カーネーションと言えば母の日(5月第2日曜日)。 アメリカの女性教師のあるエピソードから生まれた習慣で、アメリカでは1914年から国民の祝日に。日本では1950年頃から定着しました。
生産量は長野県が全国1位を誇ります。施設栽培で周年出荷されますが、高冷地長野県では7月~9月が出荷のピークを迎えます。 長野県産は色鮮やかで、日持ちがよいのが特徴です。

長野のカーネーション 基本情報

出荷時期
6月~11月
出荷量
スタンダードカーネーション約1,500万本、スプレーカーネーション約850万本
出荷産地
佐久・諏訪・松本

カーネーションの豆知識

花言葉

「無垢で深い愛」

花一覧へ戻る

三ツ山マーク ながののゲンキ みらいのミカタ