キク類の中の一つで、植物学上は輪ギク、スプレイギクと同じ種となっている。花の咲き方が多様になったのは、2種以上の野生種が自然交雑によってできたものと考えられている。コギクとは直径が9cm以下のものを指して言うそうで、切り花として栽培されたり、各家庭で季節の花として植えられているものはほとんどこの小菊である。ここ数年長野県内で栽培に力を入れており、新興産地が増えてきています。

長野のコギク 基本情報

出荷時期
7月~10月
出荷量
約400万本
出荷産地
佐久・伊那・諏訪・長野

コギクの豆知識

花言葉

「純情」「真実」「元気」

花一覧へ戻る

三ツ山マーク ながののゲンキ みらいのミカタ