粒揃いが良く、食感バツグンのぶなしめじ

ブナシメジの人工栽培は長野県が発祥の地。
肉質は弾力性に富み、歯ごたえがよく、食感にすぐれています。 味にクセがないため、和・洋・中を問わず、炒め物、汁物、和え物、揚げ物等々、幅広い料理でお楽しみいただけます。 ぶなしめじはきのこ類の中ではカリウムを多く含むとともに、他のきのこ同様、低カロリーで食物繊維が豊富です。また、国立がんセンター研究所、宝酒造(株)、(社)長野県農村工業研究所等の研究・調査の結果、ぶなしめじには制ガン作用があることが報告されています。

長野のぶなしめじ 基本情報

主な栄養価
ビタミンB1、B2、D、エルゴステロール、ナイアシン、カリウム、食物繊維
出荷時期
周年
出荷量
年間約32,000t
出荷産地
長野県内ほぼ全域

ぶなしめじの豆知識

選び方

傘に弾力があり、傘と柄がしっかりしているものを選びます。 鮮度が低下してくると、傘の一部がしなび、きのこ全体がやわらかくなります。 傘の大きさの大小で味に大きな差はありません。また、傘色の濃淡は栽培環境の違いに由来するものですので、味に大きな差はありません。

食べ方

培地の付いた根元の部分を切り落としてから使用します。 農薬は一切使用しておりませんが、栽培に使用した培地の一部がきのこに付着していることがありますので、軽く水洗いしてから加熱調理します。 歯触りの良さを残すため、加熱のしすぎに注意します。 また、傘や柄に白い綿状のものが付着していることがありますが、これは「気中菌糸(きちゅうきんし)」と言い、カビではなく、きのこ自身からきのこの菌糸が成長したものですので、そのまま加熱調理してお召し上がりいただけます。

保存方法

冷蔵庫で保存して下さい。残った場合はラップフィルム等で密封後、冷蔵庫で保存し、できるだけお早めに加熱調理してお召し上がり下さい。密封不良の場合、気中菌糸が発生しやすくなります。

きのこ一覧へ戻る

三ツ山マーク ながののゲンキ みらいのミカタ