各ホールのご案内

お知らせ

カテゴリー別に見る
年別に見る

今さら聞けない「葬儀」のギモン ~変わるお葬式のスタイル。最近の傾向は?(Vol.4)~

コラム

仕事に趣味、子育てにと忙しい虹野コウイチさん。そんなアラフォー男子に届いたのが、お世話になった方の突然の訃報。「お葬式の参列は初めて。知らないことばかりだよ。困ったな」
「お葬式のことなら、私にまかせてよ!」。悩む夫のギモンに答えるのは、奥さんのアカリさん。葬儀社に勤める葬祭ディレクターならではの豊富な知識で、コウイチさんのギモンにしっかり答えていきます。さあ、今さら聞けない「葬儀」のギモン。夫婦の会話で、モヤモヤ解消です!

変わるお葬式のスタイル。最近の傾向は?(Vol.4)

コウイチ コロナ禍で、お葬式を家族だけですますケースが増えてるね。最近、お葬式のスタイルも変わってきてるって聞いたけど。

アカリ 実はコロナ禍の前から、お葬式は多様化してきているのよ。日本人の多くが行う仏式の他、神式(神道)、キリスト教式など特定の宗教によるものが一般的だけど、故人が好きだった音楽で送る「音楽葬」や、「お別れ会」「偲ぶ会」など、無宗教かつ自由な形式で行うお葬式もあるわよ。

コウイチ へえー、知らなかったなあ。スタイルだけでなく、お葬式の規模もコロナ禍で多様化してるのかな。

アカリ そうなのよ。お通夜と葬儀・告別式を2日にわたって行い、親戚から一般まで多くの人が参列する昔からの「一般葬」。その他に、宗教者を呼ばず、通夜・葬儀・告別式なども一切行わず、親族などごく限られた関係者だけが火葬場でお別れをする「直葬」、お通夜を行わず一日で済ます「一日葬」、近親者だけで内々にお別れをし、後で本葬やお別れ会などを行う「密葬」などもあるの。さらに、今一番増えているのが「家族葬」ね。

コウイチ ああ、家族と親族、親しい友人が中心のお葬式だね。

アカリ そう。家族葬が増えている理由は、経済的理由や生前の故人の意思によるものや、故人をよく知っている人たちだけでお別れをしたい、と考える傾向が強くなっていることもあるわね。

コウイチ なるほど。お葬式の考え方が少しずつ変わってきているということかな。だけど、お別れをする気持ちは大切にしないといけないよね。

アカリ もっとも、無宗教などの自由葬や、規模を小さくする場合は、あらかじめ気をつけておいた方がいいことがあるのよ。

コウイチ え、どんなこと?

アカリ まず、菩提寺があるけど無宗教で行いたい場合は、菩提寺との関係、埋葬場所、後々の供養はどうするか、など。自由葬だけど僧侶の読経と戒名はほしい、という場合もそうね。また、家族葬など規模を小さくする場合、結果的に友人・知人等への義理を欠くことになり、その後のつき合いがぎくしゃくしたり、自宅への弔問に対応しなければならなかったりという話も聞くわね。

コウイチ そうかあ。葬儀のカタチはいろいろあっていいけど、家族でちゃんと話し合ったり、考えておかなければいけないことも多いんだね。アカリ、ありがとう。