各ホールのご案内

お知らせ

カテゴリー別に見る
年別に見る

今さら聞けない「葬儀」のギモン ~正しい弔問の仕方と香典の相場(Vol.5)~

コラム

仕事に趣味、子育てにと忙しい虹野コウイチさん。そんなアラフォー男子に届いたのが、お世話になった方の突然の訃報。「お葬式の参列は初めて。知らないことばかりだよ。困ったな」
「お葬式のことなら、私にまかせてよ!」。悩む夫のギモンに答えるのは、奥さんのアカリさん。葬儀社に勤める葬祭ディレクターならではの豊富な知識で、コウイチさんのギモンにしっかり答えていきます。さあ、今さら聞けない「葬儀」のギモン。夫婦の会話で、モヤモヤ解消です!

正しい弔問の仕方と香典の相場(Vol.5)

コウイチ ぼくのように初めてお葬式に参列する人が一番困るのが、弔問のマナーなんだよね。アカリ、基本的なことを教えてくれないかな。

アカリ そうね、マナーは基本を押さえておくことが大切ね。まず、服装は通夜から葬儀・告別式まで喪服。通夜は平服であまり華美でなければ良いとされているの。もっとも職場などからかけつける場合、お通夜より前に弔問する時は地味な平服で、お通夜は男性ならスーツに黒のネクタイと靴下にすれば大丈夫。通夜を葬儀会場で行う場合、受付で記帳し、お悔やみの言葉とともに、香典を受付の人が読める向きで渡す。あとは案内に従って、お焼香、故人との対面などを行う。これは葬儀・告別式も同じ流れね(故人との対面は除く)。通夜を自宅で行う場合は受付が設けられていないことも多いので、式の前に焼香をし、ご遺族にお悔やみを述べ、祭壇に香典を自分が読める向きで供えます。

コウイチ ほう、受付の人に渡す時と直接祭壇に供える時で、香典の向きは逆なんだね。香典を入れる不祝儀袋の表書きは「御霊前」「御仏前」のどちらを選ぶの?

アカリ 通夜から葬儀、法事まで、ほとんど宗派を問わずに使えるのが「御霊前」。四十九日法要からは「御仏前」を使います。これは仏教の多くの宗派で四十九日目に御霊が仏になるとされているから。

コウイチ へえ~、そうなんだね。焼香のマナーもあるのかな。

アカリ 自分の焼香の番が来たら、まず遺族に向かって一礼し、焼香台に進み、遺影に向かって合掌。抹香をひとつまみし、軽く下げた頭の目のあたりの高さまで押しいただいて香炉に落とす。もう一度、遺影に向かって合掌した後、遺族に一礼して席に戻る。これが流れね。焼香は粉末状の抹香と線香の場合があって、抹香は1~2回押しいただく、線香は1~3本立てる、という仕方が多い。これは宗派や地域によっても違うし、あまり気にしなくてもいいと思う。

コウイチ 長野県では地域によって葬儀・告別式の弔問の仕方が違う、って聞いたことがあるよ。

アカリ そうなのよ。一部地域を除き、葬儀・告別式は一連の流れの中で行われるのだけど、地域によっては一般弔問客が知っておくべき習慣の違いがあるの。
北信地域(長野)では、一般弔問客は葬儀開始後、焼香だけ行い、お斎につく人以外はそのまま退出する。東信地域では、告別式は葬儀式のだいたい30分前から始まり、一般弔問客はここで焼香するの。新聞のお悔やみ欄などに載っている時間は葬儀式の開始時間なので、40〜50分前ぐらいには行く必要があるわね。中信地域と諏訪地区(一部を除く)では、一般弔問客も含め、会葬者全員が葬儀に参列。参列しない人には外焼香台が設けられていて、そこで焼香をするの。一方、南信地域では、告別式と葬儀式が別々に執り行われるのが一般的。告別式の受付は新聞のお悔やみ欄などに載っている時間で、葬儀式の1時間ほど前から始まるのよ。
ただ、コロナ禍で弔問の仕方も変わってきているので、事前に葬儀社に確認すると安心ね。

コウイチ うわー、地域によってそんなに違うんだ。教えてもらってよかったよ。さらに最大の悩みは、香典はいくら包めばいいのか、なんだけど。

アカリ そうね。地域などによっても変わると思うけど、親兄弟、親族、友人、会社関係、近所の人などで、だいたいの相場があるから覚えておくといいわよ。

コウイチ そうだね、教えて。

アカリ 故人が親族の場合、親・兄弟姉妹は50,000~100,000円、祖父母は10,000~30,000円、おじ・おばは10,000~30,000円。親族以外の場合はだいたい3,000~10,000円、勤務先・友人などは5,000~10,000円という感じかな。これはあくまで目安なので、一緒に参列する人と相談して決めてもいいと思うわよ。

コウイチ なるほど、よく分かった。アカリ、ありがとう。