国産えのきたけの6割以上は長野県産

全国のえのきたけの6割以上が長野県で生産されています。(生産量 全国1位 出典:令和元年特用林産基礎資料より)
えのきたけは鍋や味噌汁の具材には欠かせないきのこです。味付けした加工品は「なめ茸」として親しまれています。定番の汁物以外にも炒め物や和え物にもよく合います。きのこ類の中では旨味成分であるグルタミン酸やビタミンB1を多く含み、低カロリーで食物繊維が豊富です。国立がんセンター研究所、JA長野厚生連北信総合病院および(一社)長野県農村工業研究所の調査・研究の結果、えのきたけには制ガン作用があることが報告されています。
JA全農長野では、「長野県JA産えのきたけ」の機能性関与成分GABAについて機能性表示食品として消費者庁に届出し、令和元年10月18日に受理されました。
「長野県JA産えのきたけ」機能性表示食品の届出受理について

長野のえのきたけ 基本情報

主な栄養価
ビタミンB1、B2、D、エルゴステロール、ナイアシン、カリウム、食物繊維
出荷時期
周年
出荷量
年間約42,000t
出荷産地
長野県内ほぼ全域

えのきたけの豆知識

選び方

色が白く、傘と柄がしっかりしているものを選びます。 鮮度が低下してくると、きのこ全体が水っぽくなり、やわらかくなります。

食べ方

栽培に使用したおが粉など培地がついた株元の部分(2~3cm程度が目安)を切り落としてから使用します。 農薬は一切使用しておりませんが、培地の一部がきのこに付着していることがありますので、軽く水洗いするかよく取り除いてから加熱調理します。 歯触りの良さを残すため、加熱のしすぎに注意します。

保存方法

冷蔵庫で保存して下さい。残った場合はラップフィルム等で密封後、冷蔵庫で保存し、できるだけお早めに加熱調理してお召し上がり下さい。

きのこ一覧へ戻る

三ツ山マーク ながののゲンキ みらいのミカタ