先輩紹介

中野 拓 なかの たく / 平成24年度入会

中野 拓ナカノ タク / 平成24年入会 / 北信事業所 営農資材課

これまでの経歴
平成24年~26年
南信事業所 営農資材課
平成27年~28年
北信事業所 営農資材課

入会の動機

農業分野で大きなシェアがあるので、地元に密着しつつ県・全国規模での仕事ができると思いました、また会社説明会での先輩職員の話のなかで風通しがよく若手でも重要な仕事を任せてもらえると聞き就職を決めました。実際に就職してみると職場での人間関係はとても良好で仕事についてもある程度個人ごと担当を分け、責任を持って仕事を行っていることが分かりました。入会して間もない頃は1人で担当することがプレッシャーになることもありましたが、自分の判断で、ある程度仕事の内容を考えることができる為、面白くやりがいを感じています。

現在担当している業務・仕事の内容

長野県の北部地域にて肥料・農薬の推進業務を行っています。具体的には担当JAへの新規商品の提案や各産地で抱えている栽培上の課題について聞き取りを行い、解決できるような商品の提案を行ったりしています。また商品の提案のみに留まらず関連する肥料メーカーと協力することで課題を解決できる新たな商品の開発を行うこともあります。そのような日々の活動を通じて産地の課題解決、品質向上の一助になればと日々仕事を行っています。現在の部署は県本部の中でも現場に近い部署になりますので1週間の内、半分以上は職場の外へ出て取引先であるJA等を訪問しています。一般的な営業と違って取引先でありながら同じ目線で現地の課題について相談を受け一緒に課題解決を目指せる点は他の民間会社には無い所であり仕事のやりがいと進めやすさを感じています。

思い出に残る仕事上のエピソード

普段の仕事ではなかなか直接農家さんへ伺うことは少ないのですが、農家の方に直接推進を行ったのは非常に勉強になり、印象に残っています。以前の職場で担当していたJAでは大口農家への推進に力を入れており自分も同行推進をしました。初めて訪問した時にはあまりJAを利用しておらず、なかなか話を聞いてもらえませんでしたが、1年を通じて訪問を行い栽培指導や本会で行っている土壌診断などを通じて技術的な相談に乗ることで信頼をいただき、注文をもらえました。また購入いただいた肥料・農薬のおかげで栽培が楽になり、よい作物ができたといってもらえたことはとても嬉しくやりがいを感じました。直接農家の方を訪問することで普段営業を行っているJAの方と同じ目標や課題を持つことができ、どのような推進が必要か分かるようになりました。

就職活動中の皆さんへ

就職は人生の大きな節目です。学業との両立で忙しいと思いますが、様々な会社の説明を聞いてみることも自分の視野を広げる意味で大切だと思います。その会社に就職することがなくても仕事をしていくうちに就職活動で訪問した会社と繋がりがあるかもしれません。自分の本当にやりたいことが1番大切だと思いますが様々な会社の理念・経営方針を自由に聞くことができるのも今のうちだけだと思いますので視野を広げて就職活動をしてみてください。