先輩紹介

瀬川 凌之介 せがわ りょうのすけ / 平成26年入会

瀬川 凌之介セガワ リョウノスケ / 平成26年入会 / 中信事業所 生産販売課

これまでの経歴
平成26年~28年
中信事業所 生産販売課

入会の動機

実家が農業を営んでおり、自分も長野県の農業また地元の農業に携わり、盛り上げていきたいと感じたことが決め手でした。

現在担当している主な仕事

長野県野菜の販売担当として、中信地区の販売と生産に携わっています。主な業務は長野県より出荷される青果物を全国各地のどの市場にどのくらい出荷するかを決める分荷業務の担当をしています。他にも、販売の最前線となる県外販売事務所への産地の生産情報の発信、または産地への流通動向、顧客情報などの販売情報の発信。また産地への需要がある新しい品目の提案などの生産業務が産地と消費地を繋ぐ事業所での業務があります。

職場の雰囲気

中信事業所は他の拠点に比べ大所帯ですが、明るく風通しの良いなんでも相談の出来る職場です。困っていたら声をかけてくれて相談に乗ってくれる上司や先輩がいます。

思い出に残る仕事上のエピソードとやりがい

注文内容と異なった苗を供給してしまったことがありました。農家さんが準備していたものを無駄にしてしまい、栽培の予定も大幅に遅らせてしまった経験があります。そのときは非常に迷惑をかけてしまいましたが、何回も様子を伺いに農家さんやJAを訪問したことで、信頼されるようになっりました。このとき、トラブルを起こしてしまったときには迅速かつ丁寧に対応することを学ばせてもらいました。仕事の話だけではなく、些細なことから何でも話せる人間関係を作ることが大切だと実感しました。
全農長野の職員として、農家さんたちから期待されている分、プレッシャーは大きいですが、その期待に応えられたときや頼りにされたとき、また「ありがとう」と言ってもらえたときにやりがいを感じます。厳しい意見を言われることもありますが、長野県の農業に貢献できるのは全農長野の魅力だと思います。

全農とあなたの職場の一番好きなところ

農家さんと長野県系統組織が一体となって生産から販売まで任せてもらえるところです。その分、責任は大きいのですが、所属部署でも自分のやりたいように仕事が出来るところだと感じています。自分の業務の進め方が間違っていれば、上司や先輩がアドバイスやフォローをしてくれるので、自分の仕事には全力で取り組むことができる環境です。

就職活動中の皆さんへ

就職活動は不安も多く大変だと思います。しかし、自分のやってきたことに自信を持って、胸を張って堂々と頑張ってください。